わきがの原因とは?どうしてわきがになるの?

わきがの原因は?なぜわきがになってしまうの??

わきがで悩んでいる人は多く、特に春先から夏にかけて薄着になる時期には脇の匂いが気になるという人が多いようです。

わきがは一言でいうと体臭です。

だからと言って、わきがは病気ではありません。

昨今ではわきが治療や手術で治るなどと言った情報を耳にすることが多いため病気のような印象も受けますが、病気という位置づけではなく、飽くまでも体質によるものとされています。

WS010034

また、日本人は体臭が少ない民族でわきがの人は人口の10%程度と言われていますが、それに対して白人は80%、黒人に至ってはほぼ100%が該当すると言われています。

そのような環境にあるため、特に体臭の少ない人が多い日本人は脇の臭いに対しても敏感とされていますが、実際のところは人間は自分の臭いについてあまり気付きにくいものなんです。

そこで、体臭があり、自分の臭いが気になる人のことをわきがと位置付けることが一般的となっています。

しかし、体臭といっても何もない状態で臭いが生じているわけではなく、脇に関しては脇汗が大きく影響しているのですが、汗自体は無臭です。

汗に雑菌が繁殖し、その雑菌の出す老廃物が臭いを発しており、つまりわきがの人は汗と雑菌が繁殖しやすい体質・環境にあるといえます。

 

わきがの原因「アポクリン腺」とは

ワキ汗

汗が原因といっても、人間だれもが汗をかくはずです。

それでも臭いを発する人とそうでない人に体質がわかれるのはなぜでしょうか。

 

それは、脇にある汗腺がカギとなります。

 

脇には

  • エクリン腺
  • アポクリン腺
  • 皮脂腺

の3つの腺があり、そこから汗が出て来ます。

その中でもわきがと関係が深いとされるのはアポクリン腺です。

ここから分泌される汗は70~80%が水分で、残りはたんぱく質、脂質、アンモニア、鉄分、蛍光物質、色素などの成分で、運動した時などに出てくるサラサラの汗とは違い、じっとりと粘り気のある汗が発せられる特徴があり、このアポクリン腺から分泌される汗がわきがの原因となると考えられています。

汗自体には臭いは無いのですが、成分が豊富ということもあり雑菌が繁殖しやすい状態にあるため、その成分が細菌により分解された時や、皮脂腺から分泌される脂と混ざった時などに臭いを発しやすくなります。

 

また、脇汗による洗濯物の黄ばみを起こすのもこのアポクリン腺から発せられる汗が原因です。

 

マンマリーライン

アポクリン腺は脇だけではなく、耳の後ろや乳首、陰部など特定の箇所に集中して存在しています(マンマリーラインと言われています)が、脇にもっとも多く存在するため、脇は臭いが出やすい箇所とされています。

 

エクリン腺とアポクリン腺の違い

脇にある汗腺はエクリン腺とアポクリン腺と皮脂腺があると述べました。

皮脂腺は文字通り脂質を分泌する腺で全身に点在しているものですが、エクリン腺とアポクリン腺は何が違うのでしょうか??

ポイント

体の部分部分にのみ存在するアポクリン腺と違い、エクリン腺は全身にくまなく存在しています。

アポクリン腺は緊張時やストレス時、性的興奮時に汗が分泌されるのに対して、エクリン腺は運動をした時や気温が暑い時、サウナやお風呂での半身浴など、体温が上がった状態を調節する必要があるときに分泌される汗です。

エクリン腺から分泌される汗は99%の水分と1%の塩分から成っておりほぼ水分という特徴があります。

アポクリン腺の水分70~80%と比較するとわかりやすいですが、エクリン腺の方はほぼ水分なのでサラっとしており、他の成分は塩分のみなので雑菌は繁殖しづらいと言えます。

ただし、エクリン腺は全身に230万個あるとされており、常に汗を分泌しています。

そして、皮脂腺から分泌される皮脂と混ざったり、それが衣服の中で蒸れて雑菌が繁殖したり、ということが原因でいわゆる「汗臭い」状態ができてしまいます。

しかし、この汗臭いニオイとわきがのニオイは別と分類されます。

 

 

アポクリン腺は誰にでもあるの?

自分はわきがじゃないし、臭いも全然感じないのでアポクリン腺は無いのではないかと思った方もいるのではないでしょうか??

しかし、体臭の程度はあれ、アポクリン腺は誰にでも存在します。

ただし、日本人に体臭が少なく、白人や黒人などの外国人には多いというデータがあるように、生まれ持った体質でアポクリン腺の数には差があります。

民族による生まれ持った差もありますし、その中でも、例えば同じ日本人でもアポクリン腺の多い人と少ない人というのは存在します。

 

そして、生活習慣にも左右されるという特徴もあります。

基本的には皮脂成分は皮脂腺から分泌されます。しかし、動物性脂肪の多い肉料理中心の食生活を続けていると、アポクリン腺からも脂質が分泌されるようになるため体臭が出やすくなると考えられています。

 

肉食

日本食は魚も多くヘルシーな料理法として知られていますが、日本人にわきがが少なく、一方で肉料理中心の外国人にわきがの割合が高いというのは、長年培った生活習慣から来ている部分も少なくないと考えられます。

アポクリン腺の数は個々により違いはありますが、ゼロという人はいないので生活習慣しだいではだれでも体臭が出てくる可能性を秘めているのです。

 

アポクリン腺からのにおいはフェロモンだった

赤ちゃん

アポクリン腺は生まれた時から存在するもので、生まれたての赤ちゃんにもあります。

しかし、働きが活発化するのはある程度体が成長してくる思春期の頃からです。

というのは、このアポクリン腺から分泌される汗は異性を引き付ける作用のある、いわばフェロモンとしての働きを持つため、体が子孫を作ることができるような年齢になると働きが活性化されると言われています。

 

動物にとっては求愛の印や仲間である証明などの大きな意義をもつフェロモンですが、人間の場合は長い年月の間に体の機能が進化し、繁殖の時期に関係なく子孫を生み出すことができるようになりました。

また、さらに進化が進むことで異性へのアピールは顔やスタイルといった外見や、言語の発達により単純にフェロモンに司られることはなくなってきました。

そのため、はるか昔の人類では全身にあったと言われるアポクリン腺は体の限られた箇所だけに残るまでに衰退し、その体臭も必要ないもの、嫌われるものとして、アポクリン腺を除去するわきが手術や治療法が作られるようになりました。

 

今は嫌われる要素の強いわきがですが、元々はフェロモンであり、臭いが強い人ほどフェロモンの強い人、子孫繁栄のために異性を引き付ける人の象徴だったのです。

 


矢印旦那のわきが対策体験談

コメントは受け付けていません。